【実際に使ってみた】ビズリーチ・キャンパスの感想・評価まとめ

Mako
こんにちは、Makoです。

今回は人気企画
オススメ就活サービスの紹介を行っていきたいと思います。

今回、ご紹介する就活サービスはビズリーチ・キャンパスになります。
これまで記事の中では数回取り上げてきたことのあるサービスですが大々的にご紹介したことはなかったので改めて取り上げます。



この記事で取り上げる内容についてはあくまで私Makoの個人的見解でありますので個々人での判断のもと行動につなげるを推奨します。

忙しい方は「ビズリーチ・キャンパスの感想・評価まとめ」まで飛ばして大丈夫です。後半にこの記事のエッセンスは詰め込みました。

ビズリーチ・キャンパスとは

そもそもビズリーチ・キャンパスとはどのようなサービスなのでしょうか。公式サイトから一部引用してみました。

ビズリーチ・キャンパスは学生と社会人OB/OGを繋ぐ大学別OB/OG訪問ネットワークです。

◆◆◆ビズリーチ・キャンパスの特徴◆◆◆
大学別ネットワーク
同じ大学、同じゼミ。バックグラウンドが同じ先輩たちとつながれます。
幅広い選択肢
OB/OG訪問、イベント参加といった先輩との対話機会に加え、企業情報や業界ニュース記事など、キャリア選択に役立つ様々な情報を提供しています。
ナレッジ
大手やベンチャー、官公庁の在職者から起業家まで、業界の第一線で活躍する一流の先輩たちから様々なことを学べます。(公式HPより引用)

このようにビズリーチ・キャンパスはOB・OG訪問サービスということが分かります。つまり、これまで紹介してきたマッチャーと同じようなサービスになります。ビズリーチ・キャンパスとマッチャーでは少し異なる点もありますが基本的には同じシステムのサービスです。異なる点については後半解説します。

ビズリーチ・キャンパスって実際のところどうなの

ビズリーチ・キャンパスって実際のところどうなの

上記ではビズリーチ・キャンパスの公式の情報を述べてきました。しかし、このような情報はどこのサイトにもある訳で、実際に就活生が使ってみた感想が重要になると思います。そこで、ここでは実際に使ってみた感じたビズリーチ・キャンパスにしかない特徴や感想、評価について他のサービスと比較しつつ述べていきたいと思います。

まずプロフィール入力画面について見ていきます。

プロフィール入力画面について他のサービスとの比較

上記が私のプロフィールになります。記入すべきこととしてはインターン・学歴・ゼミ(研究室)・団体・キーワード・希望条件・スキル・自己PRがあります。ここで記入する内容は株式会社ビズリーチが同じく提供しているサービス、ニクリーチとほぼ同じ内容になりますので並行して使うことをオススメします。前回紹介をしたOfferbox(オファー)と比較するとプロフィール記入における手間は少ない気がします。

ビズリーチ・キャンパスにしかない特徴

同じ大学のOB/OGに会うことができる

OB訪問アプリには他にマッチャーやvisitsOBなどが有名サービスとして存在しております。このようなサービスが存在する中でビズリーチ・キャンパスが持てる最大の強みは同じ大学のOB/OGとマッチングすることができる点にあります。と言うか、同じ大学のOB/OGと会おうことを前提にしたサービスであるためにある程度の有名大学でないと登録することができないサービスになっています。

ビズリーチ・キャンパスに登録することができる大学一覧

ビズリーチ・キャンパスを登録するためには下記の大学に所属していることが不可欠です。
GMARCHから早慶東大、有名国公立という間の大学がターゲットになっています。

青山学院大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、関西大学、関西学院大学、学習院大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、慶應義塾大学、神戸大学、国際教養大学、国際基督教大学、滋賀大学、首都大学東京、上智大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、東京外国語大学、東京工業大学、東京大学、東京理科大学、東北大学、同志社大学、名古屋大学、名古屋工業大学、一橋大学、広島大学、法政大学、北海道大学、明治大学、横浜国立大学、横浜市立大学、早稲田大学

スカウト機能・ビズリーチ・キャンパス限定イベントが存在する

ビズリーチ・キャンパスに登録しておくと企業からのスカウトビズリーチ・キャンパス限定イベントへの招待があります。ビズリーチ・キャンパスを提供している株式会社ビズリーチは元々ハイクラス向けの転職サービスを行っていた会社であることからスカウト企業のジャンルもみんなが行きたくなるような企業が多いです。スカウトやビズリーチ・キャンパス限定イベントはクローズドで行われている少数のイベントが多いため企業を知るもってこいの機会になります。

下記が私(一般的マーチ学生)にきたスカウト企業の一覧になります。大手企業からベンチャーまで多岐に渡ります。

ビズリーチ・キャンパスを使ってみた感想

マッチャーほどへヴィに使っていた訳ではありませんが、ビズリーチ・キャンパスを通してこれまで4から5回近くOB訪問・イベントへ参加をしたことがあります。その頻度のユーザーの感想と理解して読んで頂けると幸いです。

OBがリクルーター(企業公認の社員)ということが少なからず存在する

先ほど述べようにビズリーチ・キャンパスは他のOB訪問サービスと異なり同じ大学のOB/OGと会うことができます。したがって、会ったOB/OGの方がリクルーターであることが少なからずあります。この点がビズリーチ・キャンパスを使って感じた強みです。リクルーターと会うと特別選考パスを得ることができ有利に就職活動を進めることができます。


同じ大学のOB/OGなのでサークルゼミから検索することができる。共通のコミュニティの社員の方だと話題も盛り上がりそう!

大手企業のOB/OGの方が登録している

マッチャーやvisitsOBと比較して大手企業の社員の方が多く登録しています。マッチャーはベンチャー企業が多く、visitsOBはビズリーチ・キャンパスとマッチャーの間の規模感で大手企業の社員の方が登録をしています。特に日系大手金融や総合商社の社員の方が多く、これらの志望されている学生はビズリーチ・キャンパスをオススメします。

以前、株式会社ビスリーチの社員の方と会った際にも総合商社を志望されている方はビズリーチ・キャンパスが一番適していると仰っていました。総合商社の社員が他のOB訪問サービスと比較して多いと社員の方も仰っていたので間違いないです。

ビズリーチ・キャンパスの感想・評価まとめ

ビズリーチ・キャンパスを登録すること自体にはお金が発生しないので、ここまで読んで登録をしようか悩んでいる人は確実に登録をするべきです。
これまで述べてきたことをまとめると下記のようになります。

・同じ大学のOB/OGに会うことができる・スカウトやビズリーチ限定のイベントがある

・会ったOB/OGがリクルーターになる場合がある

・総合商社といった大手企業の社員が多い

ビズリーチ・キャンパスの登録を検討されている方は下記をクリック!

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。