とにかく行動

今回の記事は就活とは関係のない記事になるので、その点は考慮してください

最近、日常生活において「行動」というワードを常に心にとめるようにしている。
するとどうだろうか、多くの人が行動することの重要性について語っていることに気が付き始めてきた。
教授であったり、企業説明会であったり、友達であったりみんな口を揃えて言う

とにかく行動せよ」と

周りがここまで言っているのに今までなぜ気が付かなったのか。
たぶん、人間というものは自分にとって必要と感じた情報しかキャッチしないからだろうか。
まぁ、そんなことはさておき「行動する」ことの重要さに気が付いたので早速始めることにした。

その行動結果がこの「ブログ」であったり「長期インターン」であったり「筋トレ」である。
正直、今のところこの行動に伴う成果は出ていないが行動を起こす前と後では大きな違いがあったといえる。

例えば、ブログであれば
少ないながらも友達に評価をしてもらえる
ブログを書くために物事に対して今まで以上に興味を抱くようになった
などなど
ブロブを書く前に比べたら大きな変化だ。

そこで今回は「行動する」ことで得た利点について述べていこうと思う。
この利点については主に2つある。

     

  • リスクに対するとらえ方
  • 成長スピード

まずは、リスクに対するとらえ方について述べていく。
行動を起こさない人の多くは行動によって生じるであろう「リスク」を考え、行動を起こすことでもたらせられるリターンでは割に合わないと計算するからだと思う。別の視点では、リターンが行動における時間的コストでは割に合わないと思うからだろう。すなわち、有限な時間をリターンの少ないものに投資するのはリスクと感じるためである。

ぼくは今までこのような理論から行動することを面倒と感じ逃げていた。
しかし、実際は違った。
行動して生まれた成果物はたとえリターンが少なかったとしても経験として残り続けることができる。
次に同様の機会に遭遇したときにこの経験が活き、前回以上の成果物を生み出すことも可能だ。
また、経験として脳に貯蓄された成果物は時間と共にまるで複利のように様々な機会で活きてくる。

先にも挙げたブログについてであれば、ブログを書くことで生まれた記事はこのサイトが存在する限り永遠に残りぼくの価値観を発信し続けてくれる。ぼくが一時間かけて書いた価値観を記事がある限り一生発信してくれるのだ。
すなわち、一時間の投資で一生分の発信を行ってくれるというリターンが発生するのだ。
また、ブログを書けば書くほど複利の法則が発生し、編集能力に磨きをかけることができ、また記事がたまるのでSEOの精度も上がる。したがって、多くの人にこの記事を読んでもらえることができるようになる。
このリターンはとても大きいと思うし、複利を使うためにも早ければ早いほどよいことが分かる。

次に成長スピードについて

行動を起こすことが癖になったら、リスクを考えずに何でも挑戦してみたくなる。
また、いろいろ挑戦しているので失敗してもつらくはないし何を失敗したかなんてすぐに忘れる(笑)
この挑戦⇁失敗・成功⇁振り返り⇁挑戦
のサイクルが高速で複数進めば、成長する。

人間と企業を比較しこの成長について考えてみると、
企業は挑戦に資金を必要とするが(企業成長=資金×時間×企業価値)
人間(学生)は挑戦には時間と勇気しか必要ではない(人間成長=勇気×時間×経験(自動で蓄積))
また、学生ということで失敗は許されるし、失敗したところで経験として貯蓄される。
(ここまでおいしい話はない(笑))
しかも、学生は基本的に暇だしスタートが早ければ複利の法則がとても効く!
したがって、学生時代における挑戦による成長スピードはとても速く今行うほうが非常に効果的なのだ。

以上の理由から「とにかく行動」をぼくもみんなに勧めたいと思う。

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。