キャリアの捉え方について思うこと

マコト
インターン面接で自分のキャリアの捉え方について否定されてきたので客観的にもう一度分析してみる
いつも以上に感情的な気持ちで書くことになるので読みづらいかもしれません。そこは多めにみてください(笑)

この記事を書こうと思った発端は、インターン面接にて
自分のキャリアの捉え方をバイアスがかかりすぎていておかしいといわれたことです。

インターン先の企業というのがHR事業を行う会社でキャリア支援を事業を行うとのことなので興味を持ちました。
このブログを書いている通りぼくはキャリアについて日ごろから関心をもっており、少しでも会社の力になれたらと思い面接に参加しました。

面接終盤、最高責任者らしき人が登場し面接をすることになりました。
以下のやりとりは一例です。本当はもっと怖かったり優しかったり( ´艸`)

偉い人
あなたならキャリアについてどのようなアドバイスをする?
マコト
強みと弱みや好きなことをベースに探すようにアドバイスします!
偉い人
強みがないも人たくさんいるけどどーすんの?
マコト
過去を探せば何かしらの上手くいったことはあると思います!
偉い人
過去の経験からの強みになんの意味があるの?
マコト
過去に成功させているということは今後も成功する可能性、すなわちポテンシャルを持っており今後も活かせる割合が高いため意味はあります。
偉い人
ふーん。それは君みたいな日ごろから挑戦をしてきた人だけじゃないかな
マコト
みんな何かしら生きている上で経験をしてきているとは思いますが、、、
偉い人
そんなのわからないよね。それにウチが担当するお客さんの多くが君みたいにバリバリ働くようなプランは考えていないと思う。みんな、楽して大企業とか定時退勤とか安定とか臨み多いよ。努力をしてきていないのにこのようなことを思っている学生はたくさんいるし、彼らにも同じようなアドバイスをするの?響かないと思うよ。
マコト
安定を第一にするのなら自分の市場価値を高めるほうが最善なのでは。大企業含めこのご時世倒産していますし。
偉い人
そもそも、楽して働きたいと思っているのに自分の市場価値を高めようとはしないよね
マコト
ですが、彼らのことを思えばそのように言ったほうが、、、
偉い人
君の話ってバイアスかかりすぎじゃない?もっとちゃんと考えたほうがいいよ。
マコト
…..

詰まる所、ぼくと偉い人がサポートしたい人材がミスマッチしていたというわけです。
議論をしていてそう思ったのですが、意識の低い学生に対してもとりあえずはぼくが目指すようなキャリアを教えるべきだとは思うんですけどね。。知らないのかもしれないし(笑)

加えて、彼が実際にビジネスをしているからと言って、議論の相手に対して学生の空想に過ぎない的なことを言われるのは正直腹が立ちますね( ´艸`)
彼の考え方と私の考え方にはビジネスの有無にかかわらず、世代間ギャップも大きくあると感じました。
学生のほとんどが安定志向だとか、仕事をしたくないと思っているなど、なんのデータを基にいっているのでしょうかね。
確かに安定志向は一定数いますがそれをひとくくりにして議論に言うのはどうなのでしょうか、、、
てか、学歴を馬鹿にされたのは唖然だった( ´艸`)
ここで愚直終了!

とまぁ、散々ツッコまれた訳です。
圧迫面接なのかな?正直、通常の面接よりも楽しかった(笑)
この偉い人の主張もかなり的を射ているなと思ったので、改めて自分の論を整理したいと思う。

自分のキャリアを決める上では、強み・弱み・好きなことが前提でその上に価値観(ベンチャーでバリバリ働きたいのか、大手企業で出世したいのか、まったーりしたのかなど)を決めるというものです。
感情ベースで「ここで働きたい!」と思うのもいいと思います。
しかし、仕事が辛くなったときや挫折したときに感情という一時的なものをベースにすると働く理由というものが見つからなくなってしまうと思うのです。過去の経験を基にした論理ベースで決めれば挫折したときに、この論理の強み・弱みなどを確認すればまた頑張れると思います。なぜなら、この仕事を始めたのは自分の過去をベースにした強みが活かされると感じたからだと志望動機を再確認できるためです。

つまり、論理が心を支えることになるわけです。
これが自分の軸なのかなと思います。

そもそも、この思考が回路でお前はバリバリ働きたいから向いているとか安定志向の人には向いていないとか言われるのはおかしい。
なぜなら、強み・弱み・好きなことは軸であってその後の方向性は各自が決めればいいわけですし。
安定志向でできる限り働きたくない人でも最低限は働かざるおえない中でどうせならやっていて気の進む仕事のほうがいいじゃないですか!

みなさんはぼくの考え方どう思われますか??(笑)

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。