企業選びほど難しいものはないと思う。

自己分析・自己PR・WEBテストなど
就職活動において必要となる項目は多くある。
マコト
その中で最も難しいのは企業選びだとぼくは思う。

以前にこのブログでぼくはIT企業を志望しているとのことを述べたが、
IT企業を志望したのは漠然と成長産業で新規サービスがどんどん生まれてワクワクできる業界だと感じたからである。

つまりは、成長産業で新規サービス(ゼロからイチ)に関われて、多くのユーザーに感動を届けることができる仕事であれば企業とかどうでもいいのである(笑)
最近は、IT企業の中でもソーシャルアプリとかゲームとかメディアとかも面白そうだなと感じているのが以前とは変化している点かな。

以前はプラットフォーマー、ソフトウェアなど扱うことができる仕事がしたいと思っていたけど、、
どちらかというと、これらはゼロイチではなく10を100とかにするビジネスだと思ってきて悩んできた。

また、IT企業以外にも人材業界も面白そうだなと思い始めてきたし、もう行きたい企業が分からない(笑)
(人材業界とIT業界は親和性が高いと感じていて、ITを使った広告とか最適な仕事探しをサポートするとか楽しそうだし、ユーザーの人生を左右する仕事のサポートは楽しそう)

マコト
まぁ、何を言いたいのかというと

企業選びほど難しいものはない ということである。

前回の記事で未来のやりたいことなんて分かるはずがないと述べたが、企業選びも将来やりたいと思える仕事を不確実性の中から判断する逆算的な作業だと仮定すると困難を極めると思う。

明確なキャリアを立てた人が成功する(資産を築く・ビジネスで結果を出す)とは必ずしも言えない。
むしろ、明確にキャリアを立てた人ほど設計が崩れることや思うようにいかないことがストレスになる
(じゃあ、ちゃんと決める必要なくない?笑)

しかも、学生の多くはビジネスについて全くと言っていいほどわかっていないので
綿密な自己分析を行ったところでこの自己分析はあくまで仮説(この場合は夢想に近い)にしか過ぎない。

しかたがって、ミスマッチの可能性を少し下げるための手段でしかないのである。
現状の興味がある業界の中で、過去の経験から得意と判断したスキルをベースに仮説立てていく過程では企業選びの正解は導き辛い。

そもそも、企業選びに正解も不正解もないわけで。
これらは主観的な判断であるし、ゴールなんてない。

なので、企業選びはとても難しい

ぼくのように、物事をよく考えない人ですら、
コンサル➙IT業界(ソフトウェア・プラットフォーム)➙人材・IT(エンタメ・メディア)
と推移しているのに、、、
みんなはサマーインターンに参加してかなり志望業界は変化しているはずだ。

みんながどのようにしてキャリアを設定しているのかとても知りたい笑

ゴールがないものの対処法として

現状の問題把握➙あるべき姿の設定(改善された状態)➙ギャップを埋めるための施策(仮説➙検証)

を行うのが王道であるが、企業選びに関しては現状の問題が見つからないので対処できないのである。

この記事の結論にもなるのだが、

問題が見つからなけらば、自己分析をした後は感覚を大切にして見切り出発を行えばいいと思う。
その後、何かしら問題が発生するのでそこからゴールを設定して仮説検証していけばいい。

最近読んだ、DeNAの南場さんの不格好経営の「正しい選択をする以上に選択を正しくすることが大切
というフレーズがあったのだが、

見切り出発を行い、選択したものが成功か失敗かを判断するのが主観的判断だとすると
「選択した結果を成功と思えるようになるまで努力を行い、成功へという結論までもっていけばいい話なのである。」

新卒で人生が決まるわけではない。
あくまで、企業選びはやりたいことを実現するための手段であるので気負わず、周りに流されないように自分の感性を信じた選択を行うべきだ。

これが、企業選びに対するぼくなりの結論である。

これから、選考が始まっていく中で多くの選択を行っていかなけらばならないが感性を大切に決めたらいいと感じる。

動物くん
気負わず頑張っていこー( ..)φメモメモ

本文に登場した本

マコト
とてもアツくなれる本でした

長期インターンを見つける上でおすすめの媒体
ぼくはこの媒体を通して早期にインターン先の企業を見つけることができたのでとてもおすすめです。
しかも、内定が決まるとお金がもらえるのでうれしいです!!(^▽^)/

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。