個人的に勉強になった映画、書籍まとめ【就活生におすすめ】

マコト
そろそろ、期末試験インターン選考終盤でストレスが高まってくる時期なのではないでしょうか。ストレス発散させるためには息抜きも大切ですよね!で、どうせ息抜きをするならばためになる息抜きをしたいよね?(笑)
こじ付け感が否めませんがとりあえず今回は個人的に勉強になったモチベーションが上がった映画書籍をまとめていきたいと思う
勉強になった・モチベーションが上がった映画・書籍
① 映画部門 (ゴットファザー・ウォール街)
② 書籍部門 (志高く・ピーターティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望)

①映画部門(ゴットファザーウォール街

実は読書に加えて、映画鑑賞も大好きでして、、
多い時で月で20本近く見るくらい好きです(笑)(なのでギリギリ趣味といえるラインかなと、、)

基本的に見ている映画のジャンルとしては洋画ビジネス名作などが多いのでそのあたりの作品を普段から見ている人が薦めている二作品だと思ってくれるとわかりやすいと思います。

まず、第一にオススメしたいのが「ゴットファザー」

『ゴッドファーザー』(原題: The Godfather)は、1972年に公開されたアメリカ映画。監督はフランシス・フォード・コッポラ。マリオ・プーゾの小説『ゴッドファーザー』の映画化作品。

公開されると当時の興行記録を塗り替える大ヒットになり、同年度のアカデミー賞において作品賞・主演男優賞・脚色賞を受賞した。1990年にはアメリカ国立フィルム登録簿に永久保存登録された。

ゴットファザーのどこがそんなにいいのか。

ネタバレを避けて述べていくと、
一言で言うならば、この作品は人間の愛(家族愛)・人生を題材にした作品だといえます。

また、ストーリーの展開速度・時代背景など
40年以上前に撮影された作品とは思えないくらい新鮮な映画です。

多くの学生に鑑賞してもらいたい一作として心からオススメします(笑)

マフィアとして、ファミリーとして信念を貫く登場人物たちの姿はかっこいいし、そのような信念を持てる人間になりたいなと思いますね。

次にゴットファザーと同じくらい推薦している作品が
ウォール街」という映画です。

一攫千金を夢見る若き証券マン、バド(C・シーン)は、業界のフィクサー的存在である大富豪ゲッコー(M・ダグラス)に取り入ろうと必死だった。父(M・シーン)の勤める航空会社の情報を流したことによって、その夢はかなえられ、バド自身も大金を手にするが……。O・ストーンが、策謀渦巻く証券業界を舞台にしたサスペンス・ドラマ。

ゲッコー(M・ダグラス)が発言した「Greed is good.(強欲は善だ)」はとっても有名!

野心高く成り上がろうとする主人公バド・フォックス(チャーリー・シーン)と大富豪ゲッコーでウォールストリートに挑んでいく姿勢にはモチベーションを掻き立てられます

金融志望の人は絶対に、そうでない人も名作中の名作映画なので見ておいてそんはないです。
働く前にこそこのような映画を見ておくべきですね!

書籍部門 (志高く・ピーターティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望)

ぼくは、ビジネス書籍しか読みません(笑)
なので、ビジネス系の中でのオススメの本だと思って下さいw

志高く
はソフトバンクグループで有名な孫正義氏のこれまでの人生についてを綿密な取材を基にして書かれた本になります。
彼が学生時代に何を考え、行動していたのかまで遡り述べられているので孫正義氏に興味がない人でも読んでいて熱くなれる本だと言えます。
学生時代から一貫した信念をもって現在まで行動してきている姿勢は本当にかっこいいし尊敬します、、
決して真似はできませんが、盗める要素は少なからずあると思います。

ピーターティール 世界を手にした「反逆の起業家」の野望

今読んでいてなかなか面白いと感じたのでオススメしてみましたw
題名の世界を手にした「反逆の起業家」の野望ってのは正直中2臭くて好きではないですが、ピーターティール氏のミメーシス理論はとっても納得し考え方が変化しました。

ミメーシスとは西洋哲学の概念の一つ。直訳すれば模倣という意味であり、これはプラトンの提唱した自然界の個物はイデアの模造であるというティマイオスという概念からの由来である。アリストテレスがこの概念を受け継ぎ、ミメーシスこそが人間の本来の心であり、諸芸術の様式となっているとした。ミメシスとも。Wikipedia参照

どういう意味かというと人間は無意識のうちに模倣をしてしまう生き物であり、その結果として競争が生まれてしまうということです。
この理論を基にピーターティール氏は競争は無意味なものとし、競争をしない戦略こそが必要と述べています。

この動画を見て興味を持ったらこの本を読んでみるといいと思います!
キャリアの考え方が大きく変わりました

マコト
夏まであとちょっと!休憩も入れてがんばろう!(^▽^)/

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。