大手食品メーカー内定者は語る【就職活動の極意】

Mako
こんにちは、Makoです。

今回の記事は大手食品メーカー内定者Yさんにインタビューを行い「就職活動の極意」というテーマで語っていただきました。(ちなみにYさんは早期内定で内定を頂いております。)

この記事を書いているペンギンは何者だという方へ
マーチと呼ばれる大学群の1つに通う大学4年生のMakoです。私自身は食品業界ではなくIT業界を中心に就職活動を行っておりまして某IT企業から内定を頂いております。このブログ、MARCH就活では就職活動を行っている学生へ向けた「キャリアを考える」をテーマにした内容を主に書いています。

Mako
大手食品メーカー内定者Yさんの「就職活動の極意」から読者さんのキャリアについて考える機会を得ることができればと願っております。

大手食品メーカー内定者Yさんの簡単なプロフィール
大学:MARCH
志望業界:食品
就職活動開始時期:3年生4月
学生時代頑張ったこと
・ゼミ活動(リーダー)
・短期留学(リーダー)
OB訪問の数:4人
選考企業数:30社
内定数:1社
インターンシップ参加企業数
・サマーインターンシップ:8社
・オータム・オータムインターンシップ:10社

就職活動において意識をしたこと

Mako
本日はインタビューを答えて下さりありがとうございます。早速、質問していきます。Yさんが就職活動において意識をしたことは何ですか。


写真からわかるようにYさんはバスケットボールが大好きな学生である。
したがって、この記事ではYさんのアイコンをバスケットボールにちなんだ画像にしています。
Yさん
こちらこそありがとうございます。
就職活動において意識をしたことは主に2点あります。

・早めから動くこと
・足で企業を知るようにすること
この2点でそれぞれ詳しく説明していきます。

早めから動くこと

1点目は早めから動くことを意識しました
3月解禁の就職活動を意識して就活を開始してしまうと時間が圧倒的に足りません。それは企業分析・自己分析だけでなく選考対策など全てにおいて時間が足りません

そのことを予め先輩から聞いていたので3年生4月から就職活動に本腰を入れました。就職活動の初期では大学の就職支援課を使うなどして就活の基礎知識を学びました。(ES対策講座・面接対策講座)その後はインターシップへ参加してました。

足で企業を知るようにする

次に2点目は足で企業を知るようにすることを意識しました。
企業情報についてはスマホで簡単に調べることができます。しかし、私は企業分析を行う上で実際に足を使うことを意識しました。そのためにOB訪問就職支援課インターンシップへ精力的に参加をしました。インターンシップに関しては夏からたくさん参加しました笑

Mako
なるほど。就職活動は早期から動かれていたのですね。では、次の質問です。
就職活動で実際にやって良かったことは何ですか。

就職活動で実際にやって良かったこと

Yさん
こちらについては1点に尽きます。ズバリ、やって良かったことは「インターンシップへ参加する」ということです。

インターンシップは参加をすることで色々な社員の方と会うことができ、企業理解を一番深めることができたと感じます。可能であれば、5日間のインターンシップには確実に参加をすべきです。私もそのインターンシップから早期選考ルートに乗ることができました。

また、食品業界志望される方は早期選考が多いので参加することを特にオススメします。食品限らず、選考が不可欠なインターンシップは企業側・学生側双方に力を入れている場合があるので参加した方がいいです。

Mako
インターンシップへ参加することは大切だと聞いたことがありますが、こうして内定者の方から伺うと納得します。
次に面接の時に意識をしたことを教えてください。

面接の時に意識をしたこと

Yさん
面接の時に意識をしたことは「自分に自信を持つこと」と「話すネタを最低でも3つは持っておくこと」です。

自分に自信を持つ

自己PR・過去の経験を話す際に熱意を持って「伝える」ことを心がけました。自分がやってきたことに自信があったので自信がないということはありませんでした。こうなるためにも、1年生から2年生の時に面接で言えることを準備しておくことが大切と感じます。繰り返しにはなりますが、面接では自信を持つことが大切です。

話すネタを最低でも3つは持っておく

1つのエピソードで絞っておくと危ないので最低でも3つくらいのエピソードは持っておきましょうね。

Mako
自分に自信を持つことは大切ですよね。そのためにも事前の下準備が不可欠っていうのがとても共感できます。
面接を行う上で自己分析ってどのくらいまで行いましたか

自己分析をどこまで行ったのか

Yさん
サークルで大手食品会社に行った先輩から教わった自己分析の方法をを実践していました。どのようなものかと言うと「楽しい」と感じる経験を深掘りする方法です。私の場合、それがそれが「」でした。

他にはモチベーショングラフを活用した自己分析を行いました。小学校から今までの喜ぶポイント・退屈するポイントを把握するやつです。

あわせて読みたい記事
自己分析1.0 part2
Mako
楽しさ」から仕事を探す方法は新しい発見です。
Yさんが内定した後にその会社に決めた理由を教えてください。世の中には内定コレクターなる人もいて内定をたくさん頂こうとする輩もいるじゃないですか笑

内定承諾を決めた要因

Yさん
内定コレクター笑 初耳です笑

私はこれまで1年間就職活動をしてきて食品会社を20社近く見てきました。その中で自分に合っている会社自分ができる仕事内容の2つの軸で内定承諾を決めました。これだけ会社を見てきたので、これから先に内定した会社よりもいい会社を見つけることはできないだろうと感じたのも要因の1つにありますね。

Mako
しっかりとした軸がYさんにはありますね。早期内定者懇親会があったと聞きましたがどんな学生が大手食品会社にいましたか

大手食品メーカーの早期内定者とはどんな人か

Yさん
内定した会社では今年90人くらいの採用活動を行う予定で、現在90人中30人が早期選考内定者として決まっているらしいです。早期内定者30人の内訳ということで述べていくと30人中5人が文系で25人中20人が理系院生でした。

また、早期選考ということもあってサマーインターンシップの同じグループのメンバー20人中で5~7人がいました。 このサマーインターンシップが2回あったみたいで合計15人前後が内定者にいましたね。他の職種のことは分かりません。

学生の特徴としては先ほど述べたように理系が多いのですが、理系でも活気のある人が多かったのが驚きました笑
学歴についてはマーチから東大の学生でした!

人数の記載については特定を防止するためにあえて人数に幅感を持たせております。
Mako
食品業界にも活気、コミュ力が求められるのですね。その点に関しては少し意外でした笑
最後に就職活動を行っている学生へ一言ください!

就職活動を行っている学生へ一言

就職活動を行っている学生へ一言

先述したように3月から6月にかけて就活を意識するのではなく、早期から就職活動を始めるといいです。早期から就職活動を始めてオンオフを切り替えて大学生活を楽しみつつ臨むことをオススメします。早期から始めるとキャリアにおいて悩みが多くなると思いますが、その度に先輩に相談して解消しよう!

食品業界を志望している学生に向けて

食品業界はESがきついのでしっかりと添削をしてもらって提出しましょう。そうしないと普通に落ちます

Yさん
私からはそんなところですかね。
Mako
Yさん、本日はお時間を頂き本当にありがとうございました。この記事を読んで少しでも多くの学生が納得のいく内定を取れるようになることを願っております。では!

「今」オススメの就活サービス

今回オススメする就活サービスは新卒採用サービス【digmee】



聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。ベンチャーやネット企業を志望している方の中ではそこそこ有名なサービスです。LINEで簡単に企業を登録することができることが最大の強みのサービスです。マイナビ・リクナビのようなメールアドレスの登録は一切ナシ。

下記のような有名企業が参加する選考会へ参加することができます。当日、人事に認めてもらえれば特別選考パスで本選考に進めるかも。短期で内定が取れるパスもあるため、まず内定が欲しいって方はぜひ登録してみて下さい。(私Makoも登録済みです)

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。