強烈な反省と今後に向けての方針

マコト
どーも、選考落ち太郎です!
うさぎ
ん!どうした?
マコト
選考が上手くいかないんじゃああ(´;ω;`)
うさぎ
落ち着けって(笑)何がいけないのか分析してみれば?
マコト
ということで今回は5月行動した結果の反省点・改善点の洗い出しと今後に向けた方針について考えていこうと思う。
ブログの内容
  • 5月何をしたのか
  • 失敗から何を得たのか

5月何をして何を得たのか

まず、偉そうにいつも話しているマコトは5月何をしたのかについてお話します

以下 企業名につきまして避けさせていただきます。 
例)パナソニック → 大手メーカー 

5月したこと
—————就活———————————-
学校 就職支援課 ×4 (ES添削 面接練習等)
学校 全体キャリアイベント
学校 外資系企業志望者向けイベント
某コンサル 説明会 
就活サイト 個別面接
某コンサル ES提出 ×2
IT 長期インターン ES提出 面接
OB訪問(知り合いの紹介) 
—————私生活———————————-
ブログの開始 
プレゼン資料作り 発表(企業へ向けて)
ゼミ 論文作成 15枚くらい
ゼミ イベント企画(貸切 司会 色々)

手帳に書いてあることを一通り書いてみましたがまあまあ動いたかなって感じです!

就活において5月は何をしたのか
5月のおおまかな戦略は、「場数を踏む」 「長期インターンに参加する」 を念頭においていました。
「場数を踏む」ために面接の練習とかイベントには結構行ったので まぁ良しとしましょう(笑)

問題なのが、「長期インターンに参加する」 という目標を4月から掲げていましが受からないことです(´;ω;`)

これまで IT系3社(6/1現時点)受けましたが惨敗しています。

面接落ち
ES落ち
面接落ち とこんな感じで、、、、
前者2つを4月に受けてからESや面接における対策を全く行っていなかったことに気が付いて、学校の就職支援課や先輩に見てもらうようにしました。→ 対策を行うことで自分でもわかるくらい成長しました!!

しかし、ダメなものが普通になっているだけでは受かる訳ないんですよね、、、
企業側は優秀な人材が欲しいわけで、優秀さが体から滲み出てこないと(笑)

したがって、ぼくは40点だった実力が60点くらいになっただけで合格点が80点のところには到底受からない訳です、、

この現状の中で5月の仮定を成果につなげるために5月最終週に長期インターンを受けてきました!
先に述べたようにこの面接も落ちてしまいました。

とまぁ自分が不甲斐ないし対策のために時間を割いてくださった職員さんや先輩、友達には本当に顔が合わせることができないです、、
周りが就活対策を開始していないから、なんとかなると高を括っていたこと、自分は少し本気を出せば採用なんて余裕と思っていた
このような慢心が面接官に伝わってしまったのかな(笑)

正直、めちゃくちゃ悔しいしめちゃくちゃ悲しいしめちゃくちゃ自分に頭にきています
これが、強烈な反省ってやつなのかもしれませんね
どの本に書いてあったのか忘れましたが、
「物事を大成するためには強烈な反省は欠かせない。そして、その反省が強烈であればあるほど
最後に大きな結果をもたらすことが出来る。」
みたいなことが書いてあったので、インターン解禁時点でこの状況に到達できたのはある意味ありがたいですね

で、この強烈な反省をした結果、マコトは何を得ることができたのか。
前提として行動(スケジュール)の側面では先にも述べたように間違っていないと思います。
先に乗せたように行きたい業界に関してはほとんど見たと思いますし、週に一回就職支援課にも行っていますし(笑)

では、なぜマコトは失敗するのか。
結果という概念を「量」と「質」の掛け算で考えてみると、
この「質」というものが弱かったのかなと今となっては思います。

そもそも、質とは何なのか。
物事一つ一つの達成度合いをぼくは質だと思っています。
例えば、自己分析をしよう ⇒ 学ちかをノートにまとめたよ!
という単純な作業であっても達成度合いというものは存在し、ここで言うなら学ちかをどこまで深堀をして他人に突っ込まれても言い返せるようにしたのか。ということが問われてくると思います。
ぼくはこの達成度合いの見極めが一般的過ぎたのかなと反省しております。つまり、自分は差別化できていなかったのですね。

つまり、ぼくの結果というのは
目標を64(8×8)と仮定したとき、量=7(一般よりも少し動いているから)× 質=5(みんなと同じ達成度合いで満足しているため)=35 ということになり、面接官がぼくの人柄を組んで少しプラスして下さったとしても良くて50くらいでしょう(笑)
この仮説ですとぼくは全然だめですね( ´艸`)

したがって、今月はこの質の分野に力を入れていきたいと思います。
具体的には、自己分析にさらなる磨きをかける WEBテストの対策(少しさぼっていました) 面接対策の継続(目線や構造的な話し方の心がけ) などをしていきます!
詰まる所、物事にこだわりをもって臨んでいくことです!

私生活においては5月は何をしたのか。

私生活においてはとりあえず自分が苦手と感じる分野に多く挑戦してきました。
ぼくが苦手な分野とは「人前に立つ行為」で、これが本当に大嫌いです!
人の目とかを気にしてしまう人間なので人からの注目が集まる役目は怖いのです(笑)

この分野に挑戦をしてきました!
企業様にプレゼンをしてみたり、30人規模の企画を提案し司会を引き受けてみたり(ゼミ)やってみると思ってた以上に楽しいものなんですね( ´艸`)
慣れてないので緊張しまくりですし、ビクビクしまくりですけど終わってみると達成感がすごい。
みんなから感謝されるし、良かったと褒められるので、辛さが以上の価値があったかなと振り返ります。

とこんなことを発信するのも苦手な人なのでブログの開始もしてみたわけです!

改めて、挑戦の5月だったなと思いますね!

私生活においても先に述べたように質にこだわっていきたいと思います。
ただプレゼンするのではなく、いかに自分らしさや相手が楽しめるようなプレゼンにするかをこだわり
自分が良いと思ったコンテンツを企画するのではなく、相手が本当にその企画で楽しむことが出来るのかや自分がやることでどのようなバリューを生むことができるのかをこだわっていけたらなと思います!

このような小さな積み重ねが、大きな挑戦への装備(ソフトスキル)となると思います!
私生活が怠れば、精神が怠るので常に物事へのこだわり(質)を意識していきます。

今後は、「嫌いな分野⇒挑戦 を継続し
     挑戦した分野⇒ こだわりをもつ分野」 へ転換していこうと思います!!

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。