時間への向き合い方

マコト
最近、熱くなってきて以前よりもハングリーな精神がなくなってきましたわw気候の温暖化とマインドは反作用しているのかな。今回はこの夏バテの中でいかにして行動量を変動させず取り組んでいけるのかを考察してみた!

最近のぼくの生活はというと

平日は基本的に6時に起床して7時半には家を出て、9時には現地につき
授業開始もしくはインターン開始
木曜日以外は18時半くらいまでなにかしらのタスクをこなし20時には帰宅。
帰宅後は疲れているので今日の振り返りをして睡眠。

休日は11時に起床 
YouTube 読書 睡眠 
という生産性のなさすぎる生活、、、

まぁこんな生活を行っています。

で、本題に入りたいと思うんですが皆さんはどれだけ「やるべきこと」をしていますか?

前提として、予定が詰まっている人や予定を詰めることが好きな人をターゲットとしている質問です。

なぜ、こんな質問をしているのかというとここ二週間くらいぼくは予定を詰めすぎたばかりに本来やるべきと仮定していたことができていないことに気づいたからです。

ちなみにぼくが最低限やるべきと仮定していることは

「筋トレ 週に3~4回は行く」
「ブログ更新 週に2~は投稿する」
「読書 月に2冊は読む」

を心がけており筋トレや読書に関してはかなり前から行ってきている習慣だったので、さぼってしまうことやモチベーションが下がってしまうなんて夢にも思っていなかったw

しかも、忙しい状況に甘えてしまって行っていないことを正当化してしまっていたとなるともはや怖いです、、、

しかし、以前よりもスケジュールを厳密に立てないとやるべきことが達成できなくなってしまうので時間への向き合い方というものを考えてみました。

時間への向き合い方

①行うべきではない予定・タスクは絶対に行わないようにする
②やるべきことは可能な限り早急に行う

を時間を意識的に生み出すために最低限必要なマインドになります。

1 行うべきではない予定・タスクは絶対に行わないようにする

 正直、この項目を精査するだけでかなりの時間が手に入ると思います。

まず、今自分がなりたい自分像というものを定義し
その自分像に必要である項目を具体化していきます。

例えば、ぼくのなりたい自分像が「細マッチョ」であると定義するならば
その像には、週に3回の筋トレと食事制限が必要項目になります。
で、像を決めるにあたってどのくらいの期間でその像に到達すべきかも逆算します。
ぼくの場合ですと2か月くらいが妥当なラインなので、二か月に「細マッチョ」という自分になる設計になるます。

この理想像には、極端に言えば週に1度の飲み会もみんなで食べていたラーメンも必要はなくなります。
その他のタスクにおいてもあるべき姿が明示されることで優先順位をつけることが容易になるので選択へのストレスも軽減されます

ここまでして「細マッチョにはなりたくない」と思えばより志高くなれる理想像を探してみればいいと思う。
時間がないと思う人は
一度、自分の方向性を知るためにも理想像を再定義することは有意義であると思う。

2 やるべきことは可能な限り早急に行う

やるべきことが明確化されたとしても行動に移すことが出来ていない人は少なくないのではないでしょうか。

ぼくもそんな人の一人です。

ゾウくん
時間的にゆとりがある時は行うことができるけど、いざ忙しくなったりすると動きたくなくなったり、忙しかった翌日はずっと寝ていたい、、、

こんな風になりますよね(笑)

ここで行うべきことは早急にタスクを行うことが望ましいです。

そもそも、今にしろ後にしろ行うべきことには変わらないタスクである場合は後にしてしまった場合は

時間×選択量=ストレス

によって時間の総量が増すためにストレスの発生が増加してしまいます。

行うか行わないか悩み、サスペンスな状態が起こるとモチベーションは下がりますし、時間と伴にストレスとして圧し掛かってきます、、

したがって、早急に行うべきなのです。
また、マインドとしてタスクに追われている状態よりもタスクを追っているほうがモチベーション的にもスケジューリング的にも健全といえます。

これまで述べてきた
行うべきではない予定・タスクは絶対に行わないようにする
やるべきことは可能な限り早急に行う

をぜひみんなにも行ってより良い毎日を過ごせるようになってほしいと思います。

このブログの内容は、あくまでぼくの仮説です。今後の過程でこの内容を実証して検証していきたいと思います。
色々と調べてこの記事を書いているので間違った内容を書いているとは思いませんが参考まで述べておきました(笑)

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。