現役マーチ学生は就活解禁前に何を感じるのか【OB訪問、本選考面接のあれこれ】

Mako
こんにちは、Makoです。

今回の記事は、年明けから今までのやったことと感想振り返りを記事にしたいと思います。

というのも、就活解禁まで2週間を切ってしまったので現時点での感想を残しておきたいと感じたためです。
リアルな就活生の感想とかって意外とどのブログにもない情報な気がするので誰かの参考になれば嬉しいなっていうのもありますね。

いやぁ、何はともあれ。
もう少しで3月ですよ!
 

インターン解禁の6月から始まり、長かったですね笑
みなさん、いかがでしょうか。

Mako
(私は毎日お布団でビクビクしてます笑)

私個人的には年明けからは期末試験とかあってバタバタしていたのであっという間でした。
来週から志望度の高い企業群の選考が始まってくるので楽しむしかないですね。

前置きが長くなったので本題に移ります。

現役マーチ生(Mako)が1月〜2月に行ったこと

結論から述べると、OB訪問本選考が開始している企業の面接をひたすら行っていました。
それぞれ詳しく見ていきます。

OB訪問

OB訪問に関しては以前紹介したマッチャーを活用してかれこれ15人前後の人とアポを取り、面接対策と企業分析、自己分析を並行して行いました。

これまで就職媒体が開催するセミナーやイベントに何度か参加したことがありますが、
面接対策、企業分析、自己分析を同時に行うことができる点では一番OB訪問が効率的な気がします
(いずれ、過去に参加したイベントに関してもまとめていきたいと思います。)

OB訪問を集中的に行ったおかげで、テンプレな質問
例えばガクチカ・自己PR・志望企業の軸・やりたいことかは即座に応えることができるようになりました。

この変化がOB訪問で目に見えて実感できる効果と私は感じます。

本選考面接

本選考の面接に関しては、インターン経由での早期選考ルートの会社や就活イベント経由で早期選考できる会社などを受けています。

OB訪問でのFBを本選考の面接で活かせるようにすることを目標として挑戦をしています。

体感としては、面接では思った以上に深掘りが少ないのでOB訪問の方がきついです笑
緊張が面接の判断を鈍らせるだけであって、聞かれている内容は大した質問ではないことが今のところ多いですね。
(来週からまた一段と本選考が開始するので、今後の記事ではもっと汎用性の高い内容が書けることを信じている笑)

合わせて読みたい記事
面接が上手くなるためには

次に行ったことに踏まえた感想と反省点を振り返っていきたいと思います。

1月〜2月に行ったことへの感想

志望業界を広げるためにインターンシップへ参加すること志望業界の対策を万全にするためにOB訪問をすることの2つの判断で年始は悩みましたが、OB訪問を選択して良かったと今は感じています。
選択と集中ができたおかげで得るものは大きかったと感じます。

とはいえ、業界を広げるために今後少なからず動かなければとは感じます。

Mako
これは3月の前半にやろうかな。
すいません、このくらいしか今行っていることへの感想はありません。
もちろん、就活が解禁するので不安ではありますしやらなきゃいけないことは膨大にあります。
でも、これらの不安って今自分が置かれている環境や将来に対する不安であって行動におけるFBにはなっていない気がします。
したがって、深刻に考えるものではないというか。
やっていないことに対する不安はやらなきゃ解消されない訳で、しかし時間は有限であるのでその中でも本当にやるべきと感じたことにしかやるべきではないと感じます。
どうせ、全ての選択はすることはできないので。

マーチ学生が感じる2月時点での反省点

反省点というかこれやったほうがもっと悩まずに就活することができたと感じることです。
私は下記において早く行動すれば良かったと思います。

OB訪問

私は1月からOB訪問の存在に気がついて開始したのですが、早い人が夏前から行っている現状を考えると開始するのが遅すぎたなと反省しています。
とはいえ、昨年の夏の時点ではここまで意識高い訳でもなく、危機意識も薄かったので今の私が過去の私にアドバイスしてもやらなかったでしょう笑

でも、意識高くなくてもOB訪問は早期から始めておくことを推奨します。
楽しく就活することができます!

ガクチカ作り

みんなが意外と蔑ろにしているガクチカ
どのくらい主体的に物事に時間を費やしてきたのかがガクチカにおける勝負な気がします。

私の場合は、長くても1年間くらいの期間でのガクチカで他は半年のものばかりです。
私が1年以上に渡って志高く時間を費やしてきた人のガクチカには対抗するのは非常に困難です笑
(取り組んだ質や量、結果で対抗することはできますが)

ここで言いたいのは、就活のために「バイトを頑張れ」とか「意識高く動け」という訳ではなく
自分がやりたいことや興味のあることに全力で向き合う努力をした方がいいのでは
ということです。
(ぶっちゃけ、このやりたいことが合コンであってもゲームであっても麻雀でもなんでもいいと思います。)

学生時代通して満足感も上がるし、就活での活かせるし、何より「やりたいこと」が見えやすくなる。
就活のためにガクチカ作るのは手段の目的化です。
自分を見失うのでやめた方がいいです。

資格・ウェブテスト

いつ始めてもいいと思いますが早めに始めて絶対に損はないはずです。
特にウェブテストは暇な時からコツコツやっておいた方がいい。

直前期は面接やESに追われて勉強する時間をとることが厳しくなります。
また、メンタル的に直前になって勉強するのは大変です。

以上がマーチ学生の就活の振り返りになります。

Mako
後、少しなので体調を崩さないように頑張っていきましょう!
(なお、私は今週体調を崩しておりました笑)

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。