長期インターンは参加すべきであると思う

長期インターンは参加すべきであると思う

マコト
長期インターンは参加すべきだと思う

この記事を読んでる方は既にキャリアについて考えている学生だと思うのであえて長期インターンへは参加すべきと発言した。

長期インターンへ参加すべきか否か悩んでいる方はこの記事を踏まえて改めてどのようにすべきか考えてほしい。

長期インターンで得られるメリットを述べていくのでその要素と自身が得たいものがマッチしているか精査していくことを推奨する。

長期インターンで得られるメリット
1社会人経験ができる
2お金が手に入る

の2つが主なメリットである。

1社会人経験ができる
ぼくが考えられる中でこのメリットが一番大きい

長期インターンを知らない学生にとってはアルバイトと何が異なるのか理解しにくいと思うのでその点も述べていく。
長期インターンとアルバイトの異なる点は概してビジネスを知れるか否かである。

アルバイトは、時間が設定され決められたことを行うことで一定の対価を得ることができる形態である。
つまり、アルバイト中は決められたことを行えば無条件で対価が支払われる。

このような過程でお客さんとのコミュニケーションや社員の方と交流することができるので社会人経験は一応できる。
また、時間を投下すればするほどお金を得ることができるので暇な学生にとってはとてもお得な感じもする。

しかしながら、このアルバイトには大きなデメリットも存在する。

それはアルバイトはその組織の上流工程には参加できない点にある。
ここで言う上流工程とはアルバイトを雇っている会社の経営(ビジネス)には関わることができないことを指す。

したがって、アルバイトではどのようなビジネスモデルで会社が利益を出し、その利益に対して自分自身がどのようにコミットしているのかが不透明である。
キッチンのアルバイトをしていて将来料理人になるなどの明確な目標がない場合を除いて、多くの学生はビジネスマンになるだろう。

ビジネスマンになるという目標の下で、ビジネスに関わることができないアルバイト経験は有益ではないと考える

一方で、長期インターンはどうなのか。
エンジニアやセールス、マーケティングなど実際にビジネスに関わることができる
能力次第では新規事業にも関わることができ、リアルに会社を知ることができる。

学生でありながらこのような経験を積むことは就活における自分のやりたいこと探しにも役立つ上に、自分がビジネスでどの程度の価値を出すことができるのかも知ることができる。

仮説のまま就活を行うよりも一度検証を行った段階で就活を行ったほうが納得のいく企業への選択ができるのは当然である。

また、周りの学生よりも早期に実践経験を積むことで新卒での入社後の活躍の可能性も高まる。
新卒で入った会社に長く骨を埋めようと思っている方にとって初見に良い印象を与えることができるのは今後の出世競争にも有益かもしれない。

2お金が手に入る
社会人経験を積み、ビジネススキルが手に入る上にお金も手に入る。
しかも、成果によってはインセンティブ報酬が出る企業も存在する。

お金が手に入る時点でアルバイトと比較してもはるかに割がいいことが分かるだろうか。
もちろん、求められるレベルが違うので時間=お金と考えている人には提案することができない

しかし、お金は能力と成果に応じて支払われるべきと考える人にとっては長期インターンはやりがいのある仕事かもしれない。

スタート当初は結果を出すことできずに給料を支給されることを申し訳ないと思うだろうが、その経験もアルバイトでは得られない。

したがって、アルバイトよりもお金を生み出すこと対して考える機会がはるかに多い。
そして、その機会が多ければ多いほどビジネスに対するマインドも養われてくるのだと思う。

マコト
以上が長期インターンへ参加すべきと考えるメリットである。
ここで述べたものは一部に過ぎないので、実際に挑戦してさらなるメリットを見つけてほしい。

長期インターンを見つける上でおすすめの媒体
ぼくはこの媒体を通して早期にインターン先の企業を見つけることができたのでとてもおすすめです。
しかも、内定が決まるとお金がもらえるのでうれしいです!!(^▽^)/

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。