大手金融機関内定者は語る【就職活動の極意】|強みの見つけ方を解説。

Maka
こんにちは、Makoです。
本日は内定者インタビュー第2弾

大手金融機関内定者は語る【就職活動の極意】|強みの見つけ方を解説。

というテーマで財閥系金融機関に内定を頂いたEさんにインタビューを行ってきました。

前回は大手食品メーカー内定者のYさんにインタビューを頂きました。

Eさんのプロフィール
大学:MARCH 
ゼミ:金融
学生時代頑張ったこと(役職)
・ゼミ:リーダー
・学生団体:リーダー
OB訪問:3人
本選考企業数:10社
内定数:2社
インターンシップ参加企業数
・サマーインターンシップ:5社
・オータム・オータムインターンシップ:3社

Eさんについての画像については、彼がサッカーが好きとの情報をもとにフットサルのイラスト(男性)を選定しました。
Mako
本日はお忙しいところお時間を頂きありがとうございます。
まずは簡単に自己紹介と就職活動の状況を教えていただけませんか。
Eさん
マーチの1つに通うEと申します。
就職活動の状況に関して説明しますと、これまで内定を2社頂きましてその1つの会社を承諾しようと考えている段階になります。内定を頂いた会社は両方とも金融系の会社で1つが外資系金融機関、もう1つが財閥系の金融機関になります。

本日はどうかよろしくお願いいたします。

金融業界を志望した理由

Mako
この時期に内定を複数社から頂いているのは凄いです。
就職活動についてお聞き出来ればと思いますが、そもそもなぜ金融業界を志望されたのですか。
Eさん
私が金融業界を志望した理由は主に「自己成長」と「色々な人に関わることができる」の2点あります。それぞれ詳しく説明していきます。

自己成長

自己成長に関しては、私は常に負荷をかけていたい性格なので厳しい環境に身を置きたいとまず第一に考えました。その中で、金融といった無形商材を扱う会社はモノに依存した提案をすることができないので「営業力」を鍛えることができるのはないかと選択しました。

色々な人に関わることができる

経済の血液と呼ばれる金融で様々な人と関わっていくことができるためです。私は特に個人に対して営業をしていきたいと感じる中で金融は幅広い人に関わることができるのでマッチしていると感じます。

Eさん
2点とは言いましたが、ゼミで学んだことが「金融機関について」だったので人一倍に金融について興味があったと今になって感じます笑 
なぜ金融業界を志望しているのか」という質問はこれまで一度も面接で聞かれたことがなかったので曖昧な返答で申し訳ございません。
Mako
金融業界といっても、銀行・信託・保険・証券などありますので、金融を志望される方は、「なぜ金融の中で〇〇にしたのか」という質問への完成度を高めた方がいいですね。

学生時代何を頑張ってきたのか(ガクチカ)

Mako
話は変わりますが、Eさんが学生時代頑張ったことは何ですか。そして、ガクチカに付随する工夫した点を教えてください。
Eさん
色々やってきましたが、ゼミ活動です。私はゼミ活動リーダーを任されていたのでリーダーとして工夫した点が主になります。具体的には下記の3点ほどを工夫して意識的に動いていました。
1自分が先頭に立つこと
2自分が作った雰囲気を周りに派生させる
3みんなに主体的に取り組んでもらう

この経験は非常に勉強になりましたね。

あなたの強みは何ですか

Mako
なるほど。Eさんのガクチカから何となく想像が掴めそうですが、あなたの強みは何でしょうか
自分で考える強みと面接官から言われた強みの2つの視点から教えてください。
Eさん
私が考える強み:向上心・マネジメント力
面接官から言われた強み:前向きな気持ち・頭の回転の速さ・論理性
ですね。

強みを見つけるためにはどうすればいいのか:自己分析の方法

Mako
他人からの強みと自分で考えた強みにブレがないように感じます具体的にどのようにして強みを見つけられたのですか。
Eさん
自己分析から強みの発見を行いました。
具体的には「自分が何をやってきたのか」を考え、そこで考えられる仮説をもとに他の経験でも当てはまるのかを検証していきました。

一例を出すならば、私は高校時代にスポーツをやっていて、「誰よりも上手くなりたい」と常に思っていました。その一方で、試合に勝っても満足をするという経験がありませんでした。その経験から向上心が強みではないかと仮説を立てていきました。次に、この向上心の強みが活きた経験はゼミのリーダー経験で、この時も同様に貪欲に勉強したと思い、「あ、これって俺の強みなんだな」と実感しました。

このように過去の1つの事象から強みを見出すのではなく、複数の事象があると再現性が高い強みになって面接官も納得すると感じます。

就活におけるマインドセット:就職活動中に意識したこと

Mako
就職活動中に意識したことは何かありますか。マインドセットみたいなもので結構です。
Eさん
面接では常に強気でいましたね。あと、「その場を最大限に楽しもうと取り組んでいたこと」くらいですかね。
あ、他には考えすぎないようにしていました。考えすぎることで自分に迷いが生まれてしまうと分かっていたためです。

就職活動前にやっておいて良かったこと

Mako
就職活動が始まって気がついたやっておいて良かったことは何かありますか。
Eさん
社会人と接点を持つこと1つ頑張った経験を作ることの主に2点あります。

社会人と接点を持つこと

私の場合は、学生団体で社会人と接する機会が多かったので勉強になったとしみじみ思います。
社会人の方は視野が広くロジカルで人間的に参考できる点が多かったためです。彼らと会うことは自分の成長を促すことにつながりますね。そういった点で、社会人とたくさん会っておいたお陰で就職活動にも活きたと感じます。

社会人と接する機会がない人はOB訪問をやってみるのもいいと思います。

1つ頑張った経験を作ること(やりきったと思えた経験を作れたかどうか)

2点目は、1つ頑張った経験を作ることです。何でもいいので1つ頑張ったと思える経験を大学生の間にしておくことをオススメします。その経験から先のように強みを見つけることもできますし、人間的に成長することができます。

就活生に一言

Mako
最後に就活生に一言、アドバイスのようなものを下さい。
Eさん
わかりました。

就活生全般へのアドバイス

就活生全般に言えることとして、自信を持つことが非常に大切です。やってきたことを変えることはできないので「いかに自信を持って伝えることができるか」が大切であると感じます。

金融業界を志望する学生へのアドバイス

金融業界志望の学生前向きさ熱意頭の回転の3点が特に重要と感じましたので面接官に伝わるように準備ができるといいかもしれません。あと、日経新聞で選考する企業のことを調べておくこと最低限のマナーですよ笑

Mako
Eさんインタビューありがとうございました。
少しでも「いいな」って思った方はSNSで拡散やコメントしてください!コメントには必ずお返しします〜

→ 就職・アルバイト ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。