ファーストキャリアはベンチャー?外資?徹底討論 | START Venture Festival 2019(SVF2019)の感想とまとめ

Mako
こんにちは、Makoです。

今回は、先日開催されたSTART Venture Festival 2019のクロージングセッションの内容についてまとめていきたいと思います。

この記事で述べていくテーマは「ファーストキャリアはベンチャー?外資?徹底討論」というテーマになります。このセッションではバチェラー・ジャパンに登場した初代バチェラー久保裕丈さん、2代目バチェラー小柳津林太郎さんが登壇され、LITALICO取締役中俣博之さんが司会のもと「ファーストキャリアはベンチャー?外資?徹底討論」というテーマでキャリアについて議論していきました。

バチェラー久保さん、小柳津さんが語るキャリアについて興味がある。
ファーストキャリアについて悩んでいる。
START Venture Festival 2019に参加することができなかったけど内容について知りたい!

このような方にとって必見の記事となっています。

START Venture Festival 2019とは

START Venture Festival 2019とは株式会社ライトマップが主催する一言で言うならば「イケているベンチャー企業が集まる祭典」です。公式HPでは以下のように説明されています。

2017年に2200名以上がエントリーをした社会人&大学生のためのベンチャーの祭典が、1年のブランクを経て2019についに復活!ベンチャー・大企業問わず社会人や大学生の為のイベント。普段はWEBやTVからしか聞けない有名事業家や投資家が集まり、これからの学生や社会人が身に着けるべきスキルや想いを語る (公式HPより引用

主催者である株式会社ライトマップは、学生向けBarのSTART BARを運営されていることで学生にとって有名な会社です。このBarはオフラインという特徴を活かして学生が社会人とざっくばらんに話すことができる魅了的なBarになっています。これまでにはDeNAの創業者である南場智子さんなどが来ていたりとゲストの方も豪華です。

話が逸れましたが、今年開催されたSTART Venture Festival 2019では、先述した南場智子さん、バチェラー(久保裕丈さん、小柳津林太郎さん )、ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん、SHOWROOM株式会社代表取締役社長前田裕二さんなど錚々たる方々が登壇されました。

Mako
私が参加したセッションは、本記事で述べていく「ファーストキャリアはベンチャー?外資?徹底討論」と「これからの時代の就職とキャリア~もし自分が就職活動生だったら~」の2セッションになります。それぞれの内容について私のブログでは書いていきます。

ファーストキャリアはベンチャー?外資?徹底討論

登壇者紹介

久保裕丈さん

久保裕丈さんは初代バチェラーで一躍有名になった方で、経歴も非常に輝いています。

1981年東京都生まれ。幼少のころはただのガキ大将であり、学業面でも高三の夏までクラス最下位レベルであった。海城中学校・高等学校、東京大学工学部卒、東京大学大学院新領域創成科学研究科修士課程修了。2007年に外資系コンサルティング会社ATカーニーに入社。2012年にミューズコー株式会社を設立。2015年、累損6億円の同社を17億円で株式会社ミクシィに売却することに成功。

30代の若さで億単位の現金を手に入れたとされ、1人の独身男性を巡って25人の女性が争う恋愛リアリティ番組「バチェラー・ジャパン」にイケメンセレブ男性として出演する。(Wikipediaより引用)

現在は家具・家電のレンタルサービスの株式会社クラスという会社を起業されています。


小柳津林太郎さん

2代目バチェラーでサイバーエージェントの役員にもなられた方です。
現在はサイバーエージェントを退社され、新しく事業を起こそうと考えているとか。

1981年、京都の医者の家系に生まれ、6歳から14歳までニューヨークで過ごす。PL学園高等学校卒業。2000年、一浪を経て慶應義塾大学経済学部入学。
大学卒業後サイバーエージェントに入社。入社3年目で子会社CyberXの代表に就任。2012年にはアメリカ子会社の立ち上げを牽引した。その後、サイバーエージェントSGE統括室室長に就任。(Wikipediaより引用)

セッション内容

どのようにしてファーストキャリアを選んだのか

久保裕丈さん

自分自身のキャリアを長期的にキャリアプランとして考えるのは苦手で、ATカーニーに入社したのは偶然が大きかったです。ATカーニーから内定が出たのが大手企業の選考が始まる半年前のM1の時で、シンパシーを感じてそのまま入社を決めちゃいました。

コンサルに興味を持ったのは、H堂のサマーインターンへ参加したことが大きいです。この会社のインターンシップでは実際に社員の方と仕事に近い形でワークに取り組むのですが、ワークを通して「違和感」を感じました。その違和感とは、H堂の仕事領域ではどうしてもクライアント企業に対して提供できるソリューションが不足しており、「そもそもその解決策が妥当であるのか」という経営戦略の部分に関わることができないことです。

この違和感から経営戦略に関わったソリューションを提案することができるコンサルティングファームに興味を持ちました。

この経験から、私はインターンシップへ参加することを強く推奨します。

小柳津林太郎さん

久保さん同様に私もサイバーエージェントに入社したのは「たまたま」であったと思います。

学生時代から舞台に出て活躍をすることを考え、就職活動をするのか考えていた時にサイバーエージェントと出会いました。学生時代は「人との縁」を大切にしていて、誘われたイベントには必ず参加していましたね。サイバーエージェントもそのイベントの1つでした笑。

Mako
久保さんと小柳津さん2人に共通することとして、「ファーストキャリアは〇〇に行くべき」という情報には懐疑的な様子と感じました。現に、トークテーマである「外資かベンチャーか」という論点には全く触れていませんでした。

今就職活動をするならどうやって会社を選ぶのか

久保裕丈さん

キャリアプランを考えたことがない、ノープランで生きてきた私の意見になりますが、バランスを考えるなら商社がいいですね。業務の幅が広い上に圧倒的な知名度があります笑
唯一デメリットがあるとするならば、商社は知名度と福利厚生、安定しているがゆえにリスクを取ることができなくなる恐れがあることくらいです。

他には、「社長の志」と「成長するためのシステムがある」を判断軸にするかな。「成長するためのシステムがある」に関して言うと、このシステムがしっかりしていないと新卒の社会人はアウトプットすることだけで消耗してしまい成長することができなくなってしまいます。したがって、システム面を新卒の学生は考えた方がいいですね。

小柳津林太郎さん

産業」と「社長」の2つの軸で企業を選びます。付け加えて、プライベートで飲みたい人がいるかどうかを気にしますね。「社長」に関しては社長の熱量を感じて判断します。

キャリアを決める際に意識をすること

久保裕丈さん

私が起業した時もそうでしたが、「楽しそうなことにリスクを考えずに飛び込むこと」を意識してこれまでのキャリアを歩んできました。コンサルティングファームに入社したのも同じように「面白そう」「楽しそう」という思いが強かったです。

まとめると、自分の課題感と同じ課題を解決しようといている会社や人がいて、興味を持った時にはリスクを度外視して挑戦することがキャリアを決める際に意識していました。

小柳津林太郎さん

私も久保さんとほとんど同意見ですね。

付け加えて言うならば、私はこれまで予定調和ではない方向に進むことを意識してきましたね。俳優を目指していて、サイバーエージェントに入社をしたのもバチェラーに出演したのもこのためです。

まとめ

久保さんも小柳津さんも長期的なキャリアプランを考えずにその時その時をリスクを考えずに挑戦する姿勢の大切さを語っていました。そのためにもファーストキャリアは一緒に働く人(思い)や仕事(興味)を考慮して選択されたのだと解釈できます。

Mako
私Makoへ質問やお話がある方はコチラからよろしくお願いします。

→ 就職・アルバイト ブログランキング
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

<スポンサーリンク>

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

Mako

MARCH(明治・青山・立教・中央・法政)の某大学に通う4年生。専攻分野は金融・証券、特に企業の内部統制について。就活中の気づきや有益な情報を配信するためにブログを開設(2018年5月〜)。志望業界は主にITや広告など。